MENU
トップページアーティスト > ねこぢるy(山野一)

アーティストアーティスト | Artists

ねこぢるy(山野一) Nekojiru-y(Hajime Yamano)

マンガ家・イラストレイター・画家。
1983 年、山野一名義の「ハピネス・イン・ビニール」を「ガロ」に発表し、デビュー。
「ガロ」や劇画誌を舞台に人間の業や宿命を暴き出すような作品を次々に発表。
中でも時代がバブルに差し掛かろうとする1985 年に弱冠22 歳で「ガロ」に連載を始めた「四丁目の夕日」は下町の懐かしい風景の中に潜む格差、貧困、家族の絆や友情の崩壊といった悲劇をマンガ史上に残る過激な表現を織り交ぜて描き、現在に至るまで読み継がれるロングセラーとなっている。
そんな山野一名義での創作活動とシンクロするようにして、1990 年頃からは妻であったねこぢるの創作上の共作者兼プロデューサー的な役割を務め、「ねこぢるうどん」「ねこ神さま」「ねこぢるまんじゅう」 「ぢるぢる旅行記」などにまとめられた作品群を手掛けた。
1998 年のねこぢるの逝去後はねこぢるy 名義で「ねこぢるy うどん」などの作品を発表。この頃からマンガ作品をCG で制作するようになり、並行してCG によるビジュアル・クリエイターとしての活動も開始。
2010 年10 月、20 数年ぶりにアナログ手法により制作した絵画作品を中心としたミニ個展「ねこぢるyの世界2010」を開催、来場者や識者から高い評価を得て本格的に画家としての活動をスタートした。